真空成型とは

真空成型について

真空成型とは

1. 熱可塑性(熱を加えると軟化し、冷やすと再び硬化する)樹脂シートを加熱軟化させます。
2. 型と軟化したシートの間の空気を吸引し、真空状態にして、軟化したシートを型に密着させて成型します。
3. その後、冷却および真空解放し、成型品を取り出します。
4. 後加工にて、外周抜き、トリミングをして完成です。

真空成型4つの特徴

1. 小ロット、多品種の生産に向いています。
射出成型と異なり、凸型か凹型のいずれか一方で成型ができますので、型代が比較的安価で短納期で型が作成できます。形状変更も比較的容易です。

2. 大型で薄肉の成形が得意です。
射出成型に比べると大型で薄肉の製品も型代が安価、短納期で対応できます。

3. 型の材質の選択ができます。
通常はアルミ合金製の金型を使用しますが、小ロットや試作用には樹脂型も選択でき、コスト・納期にフレキシブルに対応できます。

 

樹脂型

樹脂型

アルミ型

アルミ型

4. 材質の選択が容易です。
PVC・PS・A-PET・PP・ABS・KDG・PC・複合ラミネート材も使用できます。
電子部品トレー等には、表面抵抗値からみた素材選定も有効です。

 

真空成型2つの注意点

1. 成型後に加工が必要。
射出成型とは異なり、成型後、別工程で仕上げ、プレス抜き、トリミング加工が必要になり、形状に制約が出る場合もあります。
また、材料ロスが20%程度発生し、材料比率が高くなります。

2. 肉厚にバラツキが出る。
キャビ型・コア型で成型する射出成型とは異なり、1つの凸型または凹型で成型するため、形状、設計により偏肉・薄肉になる部分が出てしまいます。
製品の要求仕様にあわせた金型設計により、弱点をカバーできる提案をいたします。

トリミング前

トリミング前

トリミング後

トリミング後

 

部品・機能部品として活躍する真空成型

真空成型といえば、トレーやたまごパックといった収納容器、梱包容器を思い浮かぶ方も多いのではないかと思いますが、真空成型の特性を生かして、様々な工業部品にも活用されています。インジェクション成型(射出成型)に比べると金型費がお安く、短納期で金型立上ができるというメリットがあり、真空成型が選ばれています。

部品のカバー

電子部品のカバー
水回り電化製品の機能部のカバーです。
機能部を結露等による水滴から守ります。

防塵カバー

防塵カバー
機能部にホコリ等が入るのを防止します。
見えないところで真空成型品が活躍してます。

結露防止断熱材

結露防止断熱材
ポリエチレン発泡シートを真空成型したものです。
カーエアコンドレンパン部分を断熱材でカバー。

配管カバー1

配管カバー
ポリエチレン発泡シート+粘着剤+ポリセパを真空成型で、形状を出します。
雪国での凍結防止、結露防止、等配管の断熱材として活用されています。

配管断熱材2

配管断熱材
セパレータも真空成型対応の素材を使っています。

配管断熱材3

配管断熱材

止水プレート

止水プレート
住宅関連の資材としても活用されています。

蛇腹部品

じゃばら部品
真空成型で作ったばね構造です。

製品保護、製造補助部品としての真空成型品

熱可塑性樹脂シートを自由な形に成型できる点を生かして、製品保護カバーや工業用品製造工程での製造補助部品、製造補助治具としても活用されています。

マスキングカバー

塗装時のマスキングカバー
部品と同じ形状のマスキングカバーなので、確実に部品を覆うことができます。

バンパー塗装マスキングカバー

バンパー塗装マスキングカバー
必要な部分のみの形状を真空成型することにより、必要な部分のみ確実にマスキングします。

キズ防止カバー

キズ防止カバー
外側はポリプロピレン(PP)内側はPP発泡シートを真空成型した傷防止カバーです。

傷防止カバー2

傷防止カバー
外側はポリプロピレン(PP)内側はPP発泡シートを真空成型した傷防止カバーです。

複合シート断面

PP層とPP発泡層の複合シート真空成型品断面写真です。