ブリスターパックとは。製造方法。|サトウパック株式会社

「真空成型トレー・ブリスターパック」のサトウパック株式会社(本社:岐阜県美濃市)、広報Mです凸凹

いつもサトウパックのブログをご覧いただきありがとうございます♪


 

インターネットで「ブリスターパック」と検索してサトウパックのホームページにたどり着く方が多いので、改めて「ブリスターパックとは」についてお話します。

 

ブリスターパックとは、プラスチックを成形して製造する透明色のパッケージです。

ブリスターパックは、実は誰もが見たことのあるもので、わたしたち消費者にとって大変身近なものです。

例えば、プラモデルや子どものおもちゃ、日用雑貨の化粧品・歯ブラシ・カミソリ・接着剤(ボンド)など、あらゆる物を保護するために使用されています。

 

材料は、通常はPET(Polyethylene terephthalate-ポリエチレンテレフタレート)を使っています。

製造方法は、

1. 材料であるシート状のプラスチックを加熱して柔らかくします。
2. 柔らかくなったプラスチックシートと金型の間を真空状態にして、両者を密着させて成型します。
3. プラスチックシートを冷し固め、成型品を取り出します。
4. 金型から取り外した成型品には余分なプラスチックシートが付いているため、後加工にて外周抜き・トリミングをします。

ブリスターパックは、中に入れる物によって自由自在に形を変えることができ、瓶詰めや箱詰めより製造コストは少ないとされています。

真空成型を得意とするサトウパックでは、お客様からご要望があると、設計、金型製作、製造に至るまで自社で一貫生産しています。

 

ブリスターパックは、製品と台紙(製品の仕様等を明示する印刷物)とのパッケージ方法により、大きく3つのタイプに分けられます。

①曲げ加工タイプのブリスターパック

熱曲げ加工をしたブリスターパックに、台紙をスライドさせてパックします。

台紙とブリスターパックは簡単に取り外しができるため、廃棄の際の分別も簡単で手間いらずです。

②シールタイプのブリスターパック

台紙とブリスターパックを熱圧着によってシーリングするタイプです。

③シェルパックタイプのブリスターパック

前面・背面ともにブリスターパックで構成し、製品を前後のブリスターパックで覆う形のブリスターパックです。

 

では、なぜブリスターパックは透明色なのでしょう?

それは、購入者が商品を見て選べるように工夫されているからです。

素材が丈夫なプラスチックなので、水や汚れ、ほこりにも強く、特に中身が壊れやすい繊細な商品の場合は、鞄の中に入れて色んな場所に移動しても安心感があります。

また、中身が見えると安心して購入できる利点もあります。

 

わたしたちの生活の中で活躍している「ブリスターパック」。

少し身近に感じていただけたでしょうか。

ブリスターパック製品に対するお問い合わせ、新規部品の検討相談、お見積り等がございましたら、お気軽にサトウパックまでご連絡ください。

 

番外編:ブリスターパックに入った製品を購入して中身を取り出したあと、ブリスターパックはゴミ箱に直行・・・。

そんな毎日に、ふと「もったいないなぁ」と感じることがあります。

小物を入れたり、小さなプランターにしたり、ブリスターパックを細かく切ってアクセサリーにしたりと、再利用する事を実行しています。

 

「凹型と凸型」、「特殊形状パッケージの提案」、「真空成型とは?」のブログも併せてご覧ください。

凸型と凹型

特殊形状パッケージの提案

真空成型とは?

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

サトウパック株式会社

オーダーメイド真空成型トレー・ブリスターパックのご相談はHPから

URL: http://satopack.jp/ 

受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・