ブリスターパックとは

様々な製品(電化製品、化粧品、日用雑貨・・・)のパッケージとして使用されています。
パッケージとして内容物が良く見えるよう、透明であることが要求されますので、通常PET(Polyethylene terephthalate-ポリエチレンテレフタレート)を材料として真空成型しています。
ブリスターパックは製品と台紙(製品の仕様等を明示する印刷物)とのパッケージ方法により大きく下記3タイプに分けられます。

①曲げ加工タイプ
②シールタイプ
③シェルパックタイプ

1.曲げ加工タイプ

側面x2、底面に熱曲げ加工(3方曲げ)をしたブリスターパックに台紙をスライドさせてパックします。

ブリスターパック 三方曲げ
ブリスターパック 三方曲げ

2.シールタイプ

台紙とブリスターパックを熱圧着によってシーリングするタイプ。
ブリスターパックが製品プラスのりしろ程度の大きさで良いので、ブリスターパック単体では低コストで出来ますが、台紙に特殊糊加工が必要なので、台紙が少し割高になります。また、熱溶着機が必要で、溶着治具も必要ですので、初期投資が必要です。
パッケージで製品が密封される必要のあり、ロットの大きい商品に向いています。

 

3.シェルパック型

前面・背面ともにブリスターパックで構成し、製品を前後のブリスターパックで覆う形のブリスターパック。

 

前面・背面のブリスターパックをボタンタイプの嵌め合いで固定することも可能です。

お気軽にお問い合わせください。093-512-3150受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にご相談・お問い合わせください。