ロボットアーム

自動化トレイ(自動機用トレイ、オートメーション用トレイ)

近年、働き方改革や競合他社とのコスト優位性を図るため、製造業の工程で各種組立ロボットや産業用ロボットを活用する自動化への動き(オートメーション化)が増えてきています。
オートメーション化の増加に伴い、産業用ロボットが部品をピックアップする際に利用する高精度な自動化用トレイのご相談を多くいただいております。
サトウパックでは様々な分野のお客様と自動化トレイの立上げに携わらせていただくことで、多くのノウハウを身につけることが出来ました。

ロボット チャック

自動化トレイの基本的な立上げの流れ

お客様との綿密な打ち合わせを重ね、要求仕様を満たす自動化トレーを作り上げます。

①自動化対応トレイ要求仕様の打合せ

・収納部品(ワーク)のトレイへの接触可部分と接触不可部分の確認
・自動機(ロボット)の動きを阻害しない設計
=トレイのどこでホールドしてどこでロボットがつかむのか
・帯電防止、導電性への要求レベル
・トレイの積み重ね、段積みへの要求確認

②図面作成

収納部品(ワーク)の3Dデータとトレイへの要求仕様を図面に落とし込みます。

自動化対応トレイ2
自動機対応トレイ3

③図面承認

完成した図面2Dデータ、3Dデータをお客様に確認いただき、図面の承認をいただきます。

④マス試作

コストと納期短縮を考慮し、トレイの1マスのみの試作を行い、形状と部品の収まり具合等を確認します。
試作型は樹脂型もしくはアルミ型で対応します。可能であれば、3Dプリンターによる樹脂型で対応できる場合もあります。

自動化対応トレイ4
オートメーショントレイ

⑤量産型着手

試作サンプルで評価いただき、お客様の承認をいただき、量産型に着手します。

⑥量産品生産・納品

お客様に満足いただけるトレイが出来上がりましたら幸いです。

自動ロボット対応トレー

お気軽にお問い合わせください。093-512-3150受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にご相談・お問い合わせください。