真空成形を基板に様々な樹脂製品を岐阜・関東・九州を拠点に全国エリア向け取り扱っております。

トレー

材料

真空成型では、様々な材料から要求仕様に合わせて材料選定することにより、トレーの機能を変えることができます。
材質そのものだけではなく、厚みを変えることでも違う仕様のトレーができます。
同じ型で違う材料の成形も可能です。その場合、材料収縮率の違いでできるトレーの寸法が変わってきます。

  • 厚みのある材料→トレーの強度UP。重量物を入れるトレー、繰り返し使うトレーなど。
  • 薄い材料→材料単価が抑えられ、コスト改善。軽量物を入れるトレー、1WAY使い捨てトレーなど。
  • 色の変更→トレーの多色展開で、工程管理の効率アップ。類似部品をトレーの色で識別など。
         ※色付材料の場合、材料ロットが大きくなる場合もあります。

設計上の工夫で利便性UP!

工程内部品トレー、搬送用部品トレーなど、製品を入れて工程内の移動、保管、輸送などの使命を持ったトレーは設計上の工夫で2パターンで重ねることができるようになります。
例えば、トレーを使うときは部品を入れた状態でトレーを90度回転させて交互に重ね、トレー同士が重ならないように、すっぽりはまらないように、段積みできるように設計します。使わないときは重ねられてコンパクトに収納できるように設計します。部品トレーとして使う場所と保管場所で求められるそれぞれの機能を持たせることができます。

段積みトレー1

使わないときは、トレーを同じ向きで重ねます。たくさんのトレーもコンパクトに保管できます。

段積みトレー2

2段目のトレーは180度回転させて積みます。トレー外周に施した、リブ(写真赤部分)により、1段目に2段目が乗るかたちで、トレー収納部を確保して段積みできます。

部品トレーで工程改善!

  • 段ボールや厚紙、プラ段等の組仕切り→プラスチックトレーやプラスチック仕切りにすることで、仕切りを組み立てる工程が省けます。
  • 部品の形状に合わせた真空トレー仕切りで確実に部品を固定・保持できます。
真空成型仕切り

お気軽にお問い合わせください。 TEL 093-512-3150 9:00~18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © サトウパック株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.